食事系ダイエット 方法

糖質を減らすダイエット

糖質制限ダイエットとは?

美容家・管理栄養士・平山愛子に聞いた!
ご飯やパン、麺、イモ類などの炭水化物を制限することで、炭水化物を構成している糖質を制限するダイエットをさします。

人の体は、糖質を摂取するとインシュリンが分泌されますが、実はインシュリンは糖質を中性脂肪に変える働きがあります。

糖質をたくさん摂取すると、この中性脂肪が体脂肪となり蓄積されます。つまり糖質を制限することでインシュリンの分泌を抑えることができ中性脂肪を蓄えにくくすることができます。

エネルギー源となる糖質を制限することで、脂肪を蓄えないだけでなく、体脂肪をエネルギーとして活用するようになるので脂肪燃焼効果もあがり、ダイエットにも効果的です。

これらのダイエット効果を得るため炭水化物を制限し、お肉やお魚、お豆腐野菜などのタンパク質や脂質はしっかり摂取出来るので制限や我慢、ストレスの負担の少ないダイエット方法と言われています。

おすすめの糖質制限ダイエットの方法

糖質制限ダイエットと合わせて効果のあるお食事摂取のタイミングや調理方法をご紹介します。
  1. 温かい汁物から食べましょう。
    食事の一口目にスープや味噌汁などの温かい汁物を食べると交感神経の興奮が抑制され、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。
  2. 食材はなるべく大きく切って調理しましょう。
    食材を大きく切ることで咀嚼に時間がかかり満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぎ、また満足感を得ることができます。食材はなるべく大きく切るようにしましょう。
  3. 骨付き・殻付きの食材を多く選びましょう。
    食べるのに手間のかかる骨付きや殻付きの食材は、食べるのに手間がかかりその間に満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防げるほか、視覚から量に対しても満足感を得られるのでお薦めです。

このダイエットの効果

糖質の多い食生活に比べ、タンパク質や脂質の多い食事は食後の満腹感を感じやすく、また消化に時間がかかるため、次に空腹感を感じるまでの時間が長いことから間食を予防することができます。

間食、つまり「おやつ」には、私達ヒトに不足しがちな栄養素の摂取は期待できないので、よりバランスのとれた食生活を目指せると考えられます。

アドバイス

注意点

お肉やお魚、お野菜は制限無く食べて良いと言っていますが、野菜でも糖質を多く含む以下のようなお野菜はなるべく避けましょう。

・ごぼう
・じゃがいも
・さつまいも

お酒も、飲むのであれば同じく糖質制限をするようにしましょう。以下の物は糖質が多いので避けるようにしましょう。

・甘いカクテル
・ビール
・日本酒(甘めのもの)
・ワイン(甘めのもの)

★これらのお酒は糖質が多いので、代わりに焼酎やウイスキーがお薦めです。

このダイエット方法を続けるためのコツ

このダイエット方法の特徴は糖質のみを制限すれば良いので、お肉やお魚、お豆腐、野菜などのタンパク質や脂質は摂取することができますのでストレスを溜めずに続けることができます。

特にお野菜は旬のものを選ぶようにしましょう。
旬のものは栄養価も高く、風味が強く薄味の調理でも美味しく頂けるなど利点が沢山あります。
また、お魚の中でも鯵・鯖・鰯などの中性脂肪を減少させて代謝を促進させてくれるお魚を沢山摂ることをお薦めします。

アドバイザー/平山 愛子

美容家・管理栄養士・フードスペシャリスト・食生活アドバイザー。
日本女子大学にて管理栄養士取得。慶応大学大学院理工学部にて理学修士取得。同年、東京女子医科大学腎臓内科にて再生医学論文発表。細胞学の知識をもつ美容家として自身の化粧品ブランドを立ち上げる。
美容家として圧倒的な支持を持つ平山愛子のブログは1日のアクセス200,000PVを超え、芸能人お料理ブログランキングも常に上位。
著書:「食べてもやせる!! おいしいダイエットレシピ」
ブログ:http://ameblo.jp/ako-lapis/

みんなの新着成功事例

3ヵ月で-13kg
17歳 BMI:22.3
190

糖質を減らすダイエット

3ヵ月で-10kg
25歳 BMI:19.2
189

糖質を減らすダイエット

1ヵ月で-2kg
32歳 BMI:22.5
193

糖質を減らすダイエット

5ヵ月で-4kg
22歳 BMI:25.3
200

糖質を減らすダイエット

3ヵ月で-15kg
26歳 BMI:24.8
206

糖質を減らすダイエット